• 電話する
  • メールフォームから

お問い合わせ綜合ガイドはこちら

close

素肌のプロ、スキンケアスタイリストにつながる
『お肌相談窓口』

  • セルビックを使ったことがない方
  • セルビックをご愛用中の方
close

ニキビにおすすめ”ビタミン”3種

ニキビと食事

こちらのスキンケア講座では、『ニキビと食の関係性』についていろいろな角度から書かせていただいています。
(下記の 【関連記事】よりご覧ください)

8e8e3417334b999b9d895c295af4a063_t

ニキビに関わるいろいろな食べ合わせについてや、なるべく摂取を控えたほうが良い食材など・・・

今回は、ニキビでお悩みの方にぜひ摂取していただきたい”ビタミン”についてお伝えさせていただこうとおもいます。

よろしければご参考になさってくださいね。

ニキビ肌が発生してしまうのはナゼ?

acne-1606765_640

 

そもそもニキビはどうしてできてしまうのでしょうか。

まずは、ニキビの原因を知ろう

すでにご存知かも知れませんが、ニキビの原因は皮脂が鍵を握っています。

「皮脂の分泌が過剰であること」が全ての原因ではない場合もありますが、これが原因であるケースはとても多いです。

皮脂は化粧崩れやテカり、ニキビをもたらすものとして厄介ものだと思う方もいると思います。

でも、皮脂はお肌にとって大切なものでもあるのです。

皮脂は、外からの刺激や汚れからお肌を守ったり、皮膚にとって大切な水分が蒸発してしまうのを防ぐ働きがあります。

本来であれば、皮脂の分泌が過剰であっても毛穴から上手く排泄しきれていれば、ニキビなどできることはありません。

しかし過剰に皮脂が分泌されたままで毛穴付近にとどまってしまっている場合、皮脂を好む常在菌が繁殖してニキビや吹出物へとつながっていくのです

ですから、ニキビなどを引き起こさせない為の方法としては、過剰な皮脂を押さえることが近道!!というわけです。

過剰な皮脂を抑えるためには毎日の食事や、生活習慣・ストレスなどに気を配ることが大切です。

元々の脂性肌であることもありますが、糖分・油分の多いなどのバランスの悪い食生活、とりわけ外食やインスタント食品の摂取が多い人は糖分・油分が過剰な場合があります。

その他タバコは体内のビタミンを破壊したり、睡眠不足や不規則な生活はお肌のターンオーバーを阻害するため、ニキビのできやすいお肌になってしまいます。

また、皮脂が過剰だとつい洗顔やあぶらとりなどを頻繁にしたくなりますが、皮脂を取りすぎるとお肌を守るために皮脂がますます出てきてしまいます。

皮脂を抑えるためには食事などの内側からのケアが大切なのです。

ビタミン別の働きについて

8a64918db81f6fe32ed7f1055d083d36_t

鍵はビタミン!
毎日の食事の中で、皮脂を抑さえやすくする食材を選ぶのに注目していただきたい成分があります。

それは「ビタミン」です。

そして数あるビタミンの中でも、皮脂を抑さえやすくするビタミンが存在します。

・ビタミンB2

皮膚、髪の毛や爪などの形成に重要なビタミン。

また、過酸化脂質を分解するはたらきがある栄養素です。

ちなみに、糖質も分解してくれるので、更にニキビ肌には大切です。

・ビタミンB6
たんぱく質を分解し、皮膚の抵抗力を高める効果、皮脂を抑制させること以外にも、食事などで摂取したアミノ酸を体内に供給する働きがあるため、ターンオーバーの促進作用があります。

その為、ニキビそのものにはもちろん、ニキビ跡にも期待できる栄養素と言えます。

ビタミンB2とB6は、皮脂の分泌を適正量に保つ働きがあるともいわれています。

・ビタミンC
コラーゲン生成をさせやすくし、傷の再生を促すことが可能に。

ですから、ニキビの炎症やニキビを触ったことで出血等した時に、戻りやすくなることに期待ができます。

炎症を抑える働きもあるのでできてしまったニキビの痕を残りにくくする効果があります。

皮脂の分泌をコントロールする働きもあります。

1ce9dfe9b1c8d13046df386cf1693335_t

この3つは、特に摂取していただきたいビタミン。

是非、日々の食生活などに取り入れてみてください。

ビタミンが含まれる食材色々

3つのビタミンが摂取できる食材

では、それぞれのビタミンに該当する食材をお伝えいたします。

各ビタミンが多く配合されている食材はこちら
↓↓↓

・ビタミンB2

豚肉

いわし
さんま
牛乳
納豆
味噌
乾燥パセリ
岩のり
緑黄色野菜
等…

・ビタミンB6

バジル
コメヌカ
にんにく
まぐろ(生)
抹茶
納豆
牛もも肉
鶏ささみ
レバー
等…

・ビタミンC

煎茶
アセロラ
乾燥パセリ
青汁
焼きのり

かぼちゃ
ブロッコリー
いちご

等…

これらの他にも、それぞれに該当する食材はいくつもあります。

食事に取り入れるときのポイントとしては、これらのビタミンは水溶性であるため、切った後水にさらしたり、茹でたりすると大切なビタミンが流れ出てしまいます。

蒸したり、生で食べるなど、調理の方法も工夫しましょう。

ニキビには、ただ「野菜も摂らなきゃ」「肉よりも魚を食べないと」ではなく、ピンポイントでニキビに効果的な食材を選ぶことが大切です。

ニキビができた時には上記を参考に質の良いビタミンを積極的に摂るよう心がけましょう。

ビタミンはニキビ対策だけでなく、私たちの体にとって必要不可欠な栄養素ですが、体内で作ることができないため、日々の食事などで摂取することが大切です。

ここで注意することがひとつ、食物繊維を過剰に摂取すると、ビタミンの体内への吸収率が下がるなどという例もあります。体に良いと言ってもどの栄養素も過度の摂取は逆効果なこともあるのです。

いつまでも美肌でいたいと思う私たちに大切なのは、上記のビタミンはもちろん、そのほかのビタミンやミネラルなど様々な栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

食事の他にも質の良い睡眠を取る、紫外線を過度に浴びない、ストレスをためない、など日々の生活の中でもケアできることがたくさんあります。

体の中の健康を保つこともニキビなどのお肌のトラブルを防ぐためには大切なことです。

是非、美味しくお肌に良いものを召し上がって、心も体も豊かな生活を心がけ、ニキビ知らずのお肌に近づいていってくださいね。


お肌相談窓口

お肌相談

セルビック化粧品、EGF・FGFエッセンスの正しい使い方を知りたい!私のオリジナルスキンケア方法を知りたい!セルビックをご愛用中の方も、ご検討中の方も一人で悩まずわたしたちにご相談ください。

素肌のプロにつながるお肌相談窓口

スマホはこちら

ご注文・ご予約・お問い合わせ

ご注文・お問い合わせ窓口

メールでのお問い合わせ

close
  • 今すぐわかるweb診断
  • 素肌のプロスキンケアスタイリストに相談する

株式会社ディアワールドは、社団法人日本通信販売協会(JADMA)の正式会員です。

素肌のプロに「話せる」「頼れる」「相談できる」 セルビック

ネット無料カウンセリング

PageTop