• 電話する
  • メールフォームから

お問い合わせ綜合ガイドはこちら

close

素肌のプロ、スキンケアスタイリストにつながる
『お肌相談窓口』

  • セルビックを使ったことがない方
  • セルビックをご愛用中の方
close

EGF・FGF配合化粧品のニキビへの効果・作用について

ニキビやニキビ跡でずっと悩んでいる方は多いですよね。

最近よく耳にするEGF・FGF配合化粧品がニキビやニキビ跡に効果があるといわれています。

EGF・FGF配合化粧品がどういう働きをするのか見てみましょう。

ニキビができるメカニズム

既にご存知かもしれませんが、まずニキビがどうしてできるか知っていきましょう。

ニキビ発生のメカニズム

上の図にあるようにニキビは毛穴のつまりから発生します。

皮脂が過剰分泌されることにより皮脂が毛穴を塞ぎます。

毛穴が塞がれたことにより皮脂腺の中に皮脂が溜まりアクネ菌が増殖し、炎症がおこる。

これがニキビ発生のメカニズムです。

ニキビの種類

実はニキビは1種類ではないのです。

ニキビには大きく4種類のニキビがあるとされています。

次はニキビの種類を見ていきましょう。

白ニキビ

出来立てのいわゆる普通のニキビです。

白く見えていて盛り上がっている状態です。

黒ニキビ

先端が黒く見えるニキビです。

白ニキビの先端が開き、そこから酸化して黒っぽくなったニキビです。

赤ニキビ

白・黒ニキビが悪化したニキビです。

細菌や雑菌が繁殖し、炎症を起こしてニキビの周りが赤く腫れあがっていて痛みもでてきます。

膿ニキビ

赤ニキビが悪化したニキビです。

炎症が激しくなり、膿が溜まった状態になっています。

こうなると治りにくくあとが残ったりするので早めの対処が大切です。

ニキビができる原因

ニキビに悩む女性テキスト

皮脂の過剰分泌。そのほかにも沢山ニキビの原因があります。

肌への刺激

肌への刺激からもニキビの原因となります。

ほこりや花粉、黄砂、排気ガス等空気中にあるものからの外的刺激によって毛穴に汚れや雑菌が入り込みニキビができます。

髪の毛や、セーターなどが肌に触れるなども雑菌が入り込みやすいです。

紫外線によるダメージも肌への刺激となります。

ターンオーバーの乱れ

正常なターンオーバーと正常でないターンオーバー

ターンオーバーは通常であれは28日周期で表皮細胞が生まれ変わり、それが上に押し上げられ古い角質ははがれおちていきます。

そのサイクルが乱れると角質がそのまま残り、更に皮脂の過剰分泌が起こり、アクネ菌の増殖にも繋がり、ニキビの原因となります。

食生活の乱れ

脂っこい食事や塩分の多いものは毛穴の詰まらせ、ニキビの原因となります。

外での食事、コンビニの食事、フライ系のお菓子、チョコレートなどの食べ過ぎは皮脂過剰分泌を招きます。

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

ストレスによりホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが過剰分泌されると肌のバリア機能が低下し、毛穴も収縮し毛穴が詰まりやすくなります。

口の周りや鼻の下などにニキビができやすくなります。

化粧品による汚れ

化粧品が綺麗に落とせずお肌に残っているともちろん毛穴が詰まります。

油分の多い落ちにくい化粧品はなるべく避けたほうが良いでしょう。

メイク落としや洗顔料もしっかりすすいでいないと毛穴を塞ぐ原因となります。

お肌の乾燥により皮脂が大量分泌

お肌が乾燥すると肌の表面を守ろうと皮脂を大量に分泌してしまいます。

肌のバリア機能も低下するのでニキビができやすい状態になるのでオイリー肌じゃないからといって油断をしていてはいけません。

ニキビ発生には様々な原因がある事がありましたね。

ニキビができないように気を付けていても、いつの間にか出来てしまったニキビにはEGF・FGF成分が効果的です。

次はEGF・FGF成分とは何なのか、どのようにニキビに効果があるのかを知ってもらいたいと思います。

EGF・FGFの成分

考える女性

EGF・FGF配合の化粧品使う前に
その成分を先に知っておきましょう。期待できる効果・作用を知っておくと使いやすいですよね。

EGF成分発見でノーベル賞受賞!

EGFの発見と研究の功績により、アメリカの生物学者スタンレー・コーエン博士が1986年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。

1997年にはEGF・FGFを皮膚に塗布することによって表皮、真皮の細胞増殖を確認し、そのデータをもとに「皮膚老化を抑制する方法」として特許を取得しました。

発見当初は1g8,000万円というとても高価なものでした。

それでもその成分が画期的であったため医療機関で火傷治療目的の為に皮膚再生、皮膚移植の現場で幅広く使用されていました。

その後研究が進みコスト削減に成功し、日本では、2005年に晴れて化粧品成分として認定されたのです!

EGF成分の働き

EGF=表皮細胞増殖因子(ヒトオリゴペプチド-1)

名前の通り表皮に働きかけ、新しい角質層をつくりだし、表皮細胞が増えることで健やかなターンオーバーサイクルを生みます。

EGFはしみ・くすみ・にきび跡、色素沈着の改善に期待できます。

FGF成分の働き

FGF=線維芽細胞増殖因子(ヒトオリゴペプチド-13)

表皮の下にある真皮に働きかけコラーゲンをつくりだし、傷んだコラーゲンを修復、生成してくれます。

FGFはしわ・たるみ・毛穴広がり・ほうれい線の改善に期待できます。

臨床実験による結果

60日間のEGF使用による臨床実験では表皮新生細胞の成長が最高835%平均284%促進されました。

EGF・FGFの両方塗布でコラーゲンが1.8倍増えたことも実証されています。

ニキビができる前にEGF・FGF化粧品をつかう

口元・両手で頬を包む

ターンオーバーの働きを正常に戻す

ターンオーバーが乱れると皮脂が毛穴につまりアクネ菌が繁殖し、ニキビ発生の原因となるのでターンオーバーを正常に戻さなければなりません。

ターンオーバー周期は年齢とともに遅くなっていきます。

EGF・FGFの成分には皮脂細胞や線維芽細胞を活性化させてくれる成分なのでターンオーバーサイクルを正常に戻してくれるのです。

ニキビがあっても使えるのか

EGF・FGF成分はお肌細胞を若く元気に保つものですので皮脂が多い方やニキビができやすい場合にも、お肌自らの力で適度な皮脂分泌の働きやニキビができにくい健康なお肌状態を期待できるのです。

ニキビ跡にもEGF・FGFが効果的

色素沈着ニキビ跡にはEGF

色素沈着・シミ(黒ずんでいるか茶色がかっている)は表皮の細胞を活性化させターンオーバーを促す必要があるため、表皮細胞に働きかけるEGFが有効です。

デコボコニキビ跡にはEGFとFGF

デコボコニキビ跡には真皮に働きかけコラーゲンとヒアルロン酸を生成しなければなりません。

線維芽細胞に働きかけるFGFが必要になり、EGFで表皮の部分にも働きかけ潤い・ツヤ・ハリをとり戻しましょう。

実際に使ってみよう!EGF・FGF配合化粧品

EGF・FGF成分配合の化粧品には基準値があり「1ml中に0.1μmg以上配合」がその基準値と言われています。

それ未満ですと効果は得られません。

それを満たしていたら日本EGF協会認定製品として、認定されます。

これがその印です。

EGF

セルビックのEエッセンスFエッセンス

EGF協会から認定されているEGF・FGF高濃度配合

Eエッセンス

Fエッセンス

お顔だけでなく全身に使用できるので気になるところにも使いましょう。

5Days透明感実感セット

試してみよう!

Eエッセンス、Fエッセンス両方塗布でコラーゲンが平均1.8倍!!
その2つがセットになっているのでかなりお得です。

5Days透明感実感セット


お肌相談窓口

お肌相談

セルビック化粧品、EGF・FGFエッセンスの正しい使い方を知りたい!私のオリジナルスキンケア方法を知りたい!セルビックをご愛用中の方も、ご検討中の方も一人で悩まずわたしたちにご相談ください。

素肌のプロにつながるお肌相談窓口

スマホはこちら

ご注文・ご予約・お問い合わせ

ご注文・お問い合わせ窓口

メールでのお問い合わせ

close
  • 今すぐわかるweb診断
  • 素肌のプロスキンケアスタイリストに相談する

株式会社ディアワールドは、社団法人日本通信販売協会(JADMA)の正式会員です。

素肌のプロに「話せる」「頼れる」「相談できる」 セルビック

ネット無料カウンセリング

PageTop