• 電話する
  • メールフォームから

お問い合わせ綜合ガイドはこちら

close

素肌のプロ、スキンケアスタイリストにつながる
『お肌相談窓口』

  • セルビックを使ったことがない方
  • セルビックをご愛用中の方
close

大ジワ、タルミを作る?やってはいけないNGなこと&対策方法

寒い季節になると、どこに行っても暖房が入っていますね。
そうすると、保水力も低下してお顔がシワシワで
ハリのないお肌になりやすい季節に突入です。

お肌トラブルとしては、小じわに留まらず、
大ジワとタルミに成長させやすくなる時期で、
一度なってしまうと後戻りできなくなってしまうことがあるので、
気が抜けない季節とも言えます。

 

そこで!!今回は、
大ジワ、タルミに成長させないお手入れ方法と
身の回りの環境を整える解決策を
伝授させていただこうと思います。

環境を見直してみましょう

では、さっそく、身の回りの環境で下記のようなことがないか
チェックしてみてくださいね。

乾燥:その 就寝時、電気毛布を使用している(朝までつけっぱなし)
乾燥:その2 電気アンカを使用している(朝までつけっぱなし)
乾燥:その3 日頃、電気カーペットを使用している
乾燥:その4 コタツで寝ている
乾燥:その5 加湿器なしで暖房をかけている
乾燥:その6 加湿器なしでファンヒーターをかけている
乾燥:その7 お顔を洗う温度が36度以上
乾燥:その8 洗顔やボディソープなどでナイロンタオルを使用したり、長時間ごしごし洗いしている方
乾燥:その9 毎日アルコールを500ml飲む習慣がある
乾燥:その10 アイスクリームや冷たいものを飲食することが多い

です。
いくつ当てはまりましたか?

上記に当てはまることが多い環境にいらっしゃるほど、
体内の水分や皮膚表面のNMF(水分)が奪われてしまい、
乾燥しやすい環境をつくってしまうんです。

いくらお手入を頑張っていても、このようなちょっとしたことで、
本来の効果を実感しにくくなるというわけですね。

対策・解決策を知ろう

では次に、
環境を整える解決策》
POINT①なるべく加湿器を必ずつける。

POINT②
霧吹きを用意しておき、自分の周りに
水を霧吹きする時間をつくる。
(※お顔(お肌)に吹きかけるのはNGです。乾燥しやすくなっちゃいます)

POINT③
電気毛布、電気アンカを使っている方は、
昔ながらの湯たんぽ又、レンジや充電して使用できる湯たんぽを
使用されることをお勧めいたします。

または、電気も毛布、電気アンカを使用される場合は、
寝るまでにお布団の中を温めて、就寝時には電源OFFしましょう。


POINT④
敷き毛布や掛け布団の毛布でなるべく自分の体温で
温まるアイテムでお休みすることを意識することです。

※首を温めると、体全体があたたまりやすいですよ!
ネックウォーマなどを使うと良いですね^^

POINT⑤寝る前は、内臓を冷やさないように
白湯など温かい飲み物を飲んでお休みする

POINT⑥顔を洗うときの温度を気をける
肌タイプ別のお勧め温度はコチラ↓↓
【普通肌・乾燥肌・混合肌】お湯の温度:30℃~32℃
【脂性肌、乾燥性脂性肌】お湯の温度:32℃~34℃
【敏感度のある方】お湯の温度:28℃~30℃


POINT⑦洗顔は、必ず皮脂の多い箇所から洗う。
そして、乾燥している箇所は、5秒程度で泡で洗ったら終了。
皮脂が多くない方以外は、基本的にお顔がぬれている状態で
洗顔を行い30秒で洗い終えるようにしましょう。
又は、泡をお顔全体に広げてすぐにすすぐ程度でもOKです。

POINT⑧
体を洗うときは、ナイロン系のタオルを使用せずに手洗いする。
特に、冬場は、足の裏、脇、耳の裏、背中、胸元だけ洗うだけでも
良いぐらいです。
以上が、乾燥をしにくい環境づくりの代表ポイントです。
是非、身の回りの環境を見直してみてくださいね。

これらのことを踏まえた上で、お手入れをして頂くと
お肌も喜んで美肌に近づいてくれると思います♪

おススメのお手入れ方法

セルビックをご使用いただいている場合は
下記のお手入れ方法がお勧めです!

POINT①

サーモアップゲルで皮脂膜づくり(天然の乳液)を実施
天然の乳液をつくることで潤いのあるお肌をつくります。

また、皮脂膜づくりと血行促進することで
血液の循環を良くして肌に栄養が行き届きやすくなります。

 

サーモアップゲル

是非、サーモアップゲルは、毎日、2日に1回
1分パックを行ってください
※3杯を手に取り、下から上への伸ばしてください。

POINT②

モイスチュアライザー(1杯)を2度塗り、
又は3度塗りして、保水力を高めてください。

 

モイスチュアライザー

POINT③

モイストリッチウォーターがお手元にある方は、
10分パックを行ってください。
更に、保水力が高まりますよ!

 
 

ここでNGなのは、10分のパック後
更に、モイストリッチの液を絞って顔になじませていることです。

せっかく、自らの水分を角質まで保持させたのに
使用したコットンを絞ってぺたぺたと上から液体を塗る行為は
乾燥しやすくなりますので避けてくださいね。

あくまでも保水力を高めるためのお助けアイテムとしてパックしてください

POINT④

モイスチュアゲルで水分保持

真皮から表皮、角質層に自らの水分を満たした後は、
空気の乾燥から肌を守るためにサポートアイテムのモイスチュアゲルでケア。

モイスチュアゲル(1杯 )を塗り、角質まで湧き上がった水分を
逃さないように保持してあげてください

これで、寝ている間も空気の乾燥から肌を守り、大ジワやタルミに
なりにくいようにサポートしてくれます。

 

モイスチュアゲル

是非、意識しながらお手入れケアを行ってください

そして、敏感肌の方は、保水力を高める前に
角質の厚みからつくりあげることを優先しないといけません。

《敏感肌の方は・・》
基本のケアは、Eエッセンス(1杯)→モイスチュアゲル(2杯)が
メインのお手入れになります。

以上となります。
是非、寒い冬もハリのある潤い肌でお過ごしくださいませ。


お肌相談窓口

お肌相談

セルビック化粧品、EGF・FGFエッセンスの正しい使い方を知りたい!私のオリジナルスキンケア方法を知りたい!セルビックをご愛用中の方も、ご検討中の方も一人で悩まずわたしたちにご相談ください。

素肌のプロにつながるお肌相談窓口

スマホはこちら

ご注文・ご予約・お問い合わせ

ご注文・お問い合わせ窓口

メールでのお問い合わせ

close
  • 今すぐわかるweb診断
  • 素肌のプロスキンケアスタイリストに相談する

株式会社ディアワールドは、社団法人日本通信販売協会(JADMA)の正式会員です。

素肌のプロに「話せる」「頼れる」「相談できる」 セルビック

ネット無料カウンセリング

PageTop